記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学院ブラス

それは中学1年生の時のことでした。
吹奏楽部に入部し、念願のサックスを手にします。
顧問は国語の先生で、
HJOというビッグバンドでトロンボーンを吹くジャズ人間のお方。
吹奏楽部在籍5年間とちょっと(中高一貫女子高)。
クラシックを演奏した記憶はほとんど消えても
ジャズを演奏した記憶は消えることはありません。
私のジャズ好きはここから始まりました。

その先生の出身、広島学院ブラスバンド。
何を隠そう、私は学院ブラスが大好きです。
中1の時初めて行った定期演奏会で大衝撃を受け
以後毎年欠かさず楽しみに行ってました。
この演奏会で私の1年が始まる。みたいな。
何がすごいって、そのレベルの高さといったら。
特にビッグバンド。
迫力が違います。そこいらの中高生びっくりです(私もその一人)。
ソロを演奏する人とかみんな本当に生徒か?っていう程。
そしてこの方をおいて学院ブラスを語るなかれ。

河野包先生!!

学院ブラスを率いる大先生。通称ぱおさん。
大好きです。
音楽的にも人間的にも、本当に素晴らしい方です。
私達の学校の定期演奏会にも毎年来てくださり、
舞台袖で見守ってくださったり
打ち上げに参加してくださったりで
お話する機会が何度かありました。
その度に、ああ、学院生になりたい、、、
と無理なことを夢見てましたが(学院は男子校だし)、
ついに!昨年ぱおさんのもとで演奏する機会をいただきました!!
翠奏会にて。ソロまで吹かせていただいたりなんかしちゃって。。。
飛び入りだったのに。郷原先輩、ありがとう!!
本当に楽しい時間でした。
またこの先生のもとで演奏したいと強く思いました。

そのぱおさんが、今年引退されます。
引退コンサートには絶対に行こうと前々から思い
絶対行きます!!とぱおさんにも言っていたのに。。。
貧乏留学生は帰ることができません(T_T)
パリ音受験とも重なってることもあり。
悲しいです。
本当に残念です。

広島の皆様、2006年2月25日、郵便貯金ホールに
是非足を運んでみてください。
私の代わりに(>_<)
詳しくはこちらから↓
広島学院ブラスバンド部

なんとかして帰れないかなぁ。
無理だろうなぁ。
郷原先輩、録画DVDにして送って下さいね!!!
そしてぱおさんに、
行けなくてごめんなさい、と、
本当にお疲れ様でした、と、
大好きです、と(笑)
伝えてください。

こんなに尊敬できる人って、なかなか出会わない気がします。
ぱおさんがいなかったら、学院ブラスがなかったら、
たとえサックスは吹いていようとも、今の私は絶対にありません。
いつかまた、ぱおさんのもとで吹けることを夢見て、、、

一人フランスで頑張ります(T_T)
スポンサーサイト

コメント

Paosan concertに出演します

植川さん、初めまして。

広島学院ブラスバンド部OBの中年チューバ吹き、yaburinです。

兵庫県在住ですが、明日広島へ向けて出発し、明後日のPaosan concertに出演します。

河野先生はほんとにすばらしい人だと思います。今度のコンサートの練習が正月にあり、その後の新年会で「自分の言葉で音楽しよう。」という河野先生の言葉を聞き、わたしが今あるのはこの先生のおかげだと実感しました。

いい演奏をしたいと思います。

初めまして!

コメントありがとうございます!
きっと素敵なコンサートになるんだろうなぁ。。
出席できないのが本当に残念です。
是非是非ぱおさん音楽を堪能してきて下さい!そして、感想を聞かせていただけたらとても嬉しいです。
遠い空の下から、コンサートの大成功をお祈りしております!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

植川 縁(Yukari Uekawa)

Author:植川 縁(Yukari Uekawa)
Saxophonist、Actress、Foto model等、
ヨーロッパ(と日本)を中心に活動している
植川 縁(Yukari Uekawa)のオフィシャルブログ。

コンサート等、お仕事のご依頼は下記メールフォームまたはホームページよりお願い致します。


広島女学院中学高等学校卒業。
エリザベト音楽大学(音楽教員免許取得)卒業後、ヒロシマ・スカラシップ中村音楽奨学生に選ばれ、渡仏。
フランス国立リヨン音楽院を審査員満場一致の1等賞で卒業後、アムステルダム音楽院へ編入。2011年同校修士課程修了。2012年よりベルギーの現代音楽アンサンブルictusとspectraのアカデミーに所属。ベルギー政府給費奨学生としてゲント音楽院現代音楽上級修士課程修了。

現代音楽に精通し、今まで小出稚子、クロード・ルドゥ、清水一徹、近江典彦各氏等の初演を行っている。

第1回日本ジュニア管打楽器コンクール第1位、第13回日本クラシック音楽コンクール木管楽器の部第3位(サクソフォン最高位)、2009年キエリインターナショナルコンペティションファイナリスト、第3回ロンデックス国際コンクールセミファイナリスト。
サクソフォンを、アルノ・ボーンカンプ、ジャンドニ・ミッシャ、宗貞啓二、冨岡和男、野原武伸、宮田麻美、上田啓二各氏に師事。

即興音楽に興味を持ち、クリエイティブミュージックフェスティバル(日本)、国際即興音楽会議(スイス)、ウルス・ライムグルーバーのワークショップ(スイス)等に参加。
コンテンポラリーダンスや民俗音楽等他分野とのコラボレーションにも取り組み、それらを取り入れた自作自演のパフォーマンスも行っている。

インドネシアのガムラン音楽を演奏する傍らガムランとサクソフォンの共演に力を入れ、今までオランダ,ドイツ,インドネシア,日本等,数々のガムランコンサートに出演,好評を博している。

ヨーロッパ在住時は、オランダ映画「Silent City」(2012年秋公開)出演や、
デザイナーの新作コレクション、スキポールプラザ広告等のフォトモデルとしても活躍。

日本音楽即興学会、日本ベルギー学会会員。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
8089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
533位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。