記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年のまとめ

ドイツから本が届かないことには先に進めなくなってしまったので
論文休憩して、今年を振り返ってみます。
(友発熱中の為どこにも行けず、バレンシアの友宅でだらだら中。お母さんがいるって素晴らしい。)

前半は、東京でリエゾンアンサンブルに参加したり
ダンサーの裕君とコラボしたり
アムステルダムの大きな教会でオルガンとのデュオコンサートしたり
リゲティアカデミーという現代音楽グループに参加したり
ずっとやりたかった、一人で歌って踊って楽器も吹く宴会芸的な作品を作って発表したり(大好評)

思い返せば色々あったけど
楽しいことたくさんであっという間だったような。
色んなこと同時進行でパンク寸前だったけれども。


夏はバイトに勤しみ、お引越しもして、落ち着くかと思いきや
コンクールの為の集中練習に突入。
唯一の楽しみだったちんどん@椿が本当に楽しかった。ひさしぶりの盆踊り。

自分を追い込み過ぎてわけわかんなくなったところで、コンクール終了。
コンクール会場で出会う友達、日本人より外国人の方が多くて
あぁ、自分ヨーロッパ長いんだなぁと実感。
ホームステイ先のベルギーの家族が本当に良い人たちで、
滞在での経験は一生の想い出です。


コンクール終了後、魂抜けてひきこもり
(風邪ひく予定だったのに、身体むちゃ元気で、無理やり寝てた)
でもすぐ復活して、ピアノデュオとのコンサートやガムランしつつ
論文と寒さに力を吸い取られ、現在に至る、という。

大好きな友達や先輩の結婚式に出席したり、
韓国ソウルでくいだおれたり、
ここ数年で一番動いた年かも。

来年は卒業試験に大きなコンクール2つ(アムステルダムとタイ)、広島でコンサートもしたいし、
今年よりハードな年になりそうです。
そしてたぶん学生最後の年。
どうなる私の今後の人生。


来年も健康で楽しく暮らせますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

植川 縁(Yukari Uekawa)

Author:植川 縁(Yukari Uekawa)
Saxophonist、Actress、Foto model等、
ヨーロッパ(と日本)を中心に活動している
植川 縁(Yukari Uekawa)のオフィシャルブログ。

コンサート等、お仕事のご依頼は下記メールフォームまたはホームページよりお願い致します。
HP→ https://yukariuekawa.wixsite.com/index

広島女学院中学高等学校卒業。
エリザベト音楽大学(音楽教員免許取得)卒業後、ヒロシマ・スカラシップ中村音楽奨学生に選ばれ、渡仏。
フランス国立リヨン音楽院を審査員満場一致の1等賞で卒業後、アムステルダム音楽院へ編入。2011年同校修士課程修了。2012年よりベルギーの現代音楽アンサンブルictusとspectraのアカデミーに所属。ベルギー政府給費奨学生としてゲント音楽院現代音楽上級修士課程修了。

現代音楽に精通し、今まで小出稚子、クロード・ルドゥ、清水一徹、近江典彦各氏等の初演を行っている。

第1回日本ジュニア管打楽器コンクール第1位、第13回日本クラシック音楽コンクール木管楽器の部第3位(サクソフォン最高位)、2009年キエリインターナショナルコンペティションファイナリスト、第3回ロンデックス国際コンクールセミファイナリスト。
サクソフォンを、アルノ・ボーンカンプ、ジャンドニ・ミッシャ、宗貞啓二、冨岡和男、野原武伸、宮田麻美、上田啓二各氏に師事。

即興音楽に興味を持ち、クリエイティブミュージックフェスティバル(日本)、国際即興音楽会議(スイス)、ウルス・ライムグルーバーのワークショップ(スイス)等に参加。
コンテンポラリーダンスや民俗音楽等他分野とのコラボレーションにも取り組み、それらを取り入れた自作自演のパフォーマンスも行っている。

インドネシアのガムラン音楽を演奏する傍らガムランとサクソフォンの共演に力を入れ、今までオランダ,ドイツ,インドネシア,日本等,数々のガムランコンサートに出演,好評を博している。

ヨーロッパ在住時は、オランダ映画「Silent City」(2012年秋公開)出演や、
デザイナーの新作コレクション、スキポールプラザ広告等のフォトモデルとしても活躍。

日本音楽即興学会、日本ベルギー学会会員。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
274位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。