記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aurelia saxofoonkwartet

昨日は、久しぶりにアルノ先生のカルテット、オーレリアの演奏会へ行きました。
学校から自転車で5分、レッドライト(お姉さんたちが下着姿で誘っているとこ)のど真ん中。

むちゃくちゃ寒い上に現代曲ばかりのサクソフォンカルテットコンサートなのに
130人くらいの会場は満員。さすがです。
客層は主に年配の方、というのもヨーロッパならでは。

曲間に宗教音楽の旋律を挿みながら、曲間拍手なしの1時間強プログラム。
ライトとのコラボレーションもすごく素敵で
全く退屈させない、ど集中力のコンサートでした。

聴くほうも集中しちゃって、その後あった同じクラスの子のパーティー、疲れて行けず。
ごめんよステフィ、でも寒い中自転車で40分は、やっぱ無理じゃわ。


寒いはず、今日アムステルダム初雪でした。起きたらうっすら積もってた。


明日はガムラン聴きに行きます。
聴いてレポート出せという宿題が。
取ってるガムランクラス、先生が結構スパルタで、何気に大変。
12月17日には発表会あるし。
来週、授業の前に1時間のエキストラ練習あるし。

楽しいからいいけど、楽器の名前とか曲の名前とか、全く聞き取れず
第6感がフル発動してます。


最近1週間があっという間。
こりゃやばいと、
コンクール終わって弛んでた気持ちを引き締め
次のコンクールの選曲をし、楽譜注文し、さらい始めました。

コンクール終わってすぐに違うコンクールって、しかも難曲ばっかりって、
Are you crazy?と人に言われようが、
本当はMなんじゃないかと言われようが、
やらなきゃ、頑張りたい!というこの気持ち。


出来ないことは何もないし、限界は拡げるもの。


でも、誰か論文助けてー



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

植川 縁(Yukari Uekawa)

Author:植川 縁(Yukari Uekawa)
Saxophonist、Actress、Foto model等、
ヨーロッパ(と日本)を中心に活動している
植川 縁(Yukari Uekawa)のオフィシャルブログ。

コンサート等、お仕事のご依頼は下記メールフォームまたはホームページよりお願い致します。
HP→ https://yukariuekawa.wixsite.com/index

広島女学院中学高等学校卒業。
エリザベト音楽大学(音楽教員免許取得)卒業後、ヒロシマ・スカラシップ中村音楽奨学生に選ばれ、渡仏。
フランス国立リヨン音楽院を審査員満場一致の1等賞で卒業後、アムステルダム音楽院へ編入。2011年同校修士課程修了。2012年よりベルギーの現代音楽アンサンブルictusとspectraのアカデミーに所属。ベルギー政府給費奨学生としてゲント音楽院現代音楽上級修士課程修了。

現代音楽に精通し、今まで小出稚子、クロード・ルドゥ、清水一徹、近江典彦各氏等の初演を行っている。

第1回日本ジュニア管打楽器コンクール第1位、第13回日本クラシック音楽コンクール木管楽器の部第3位(サクソフォン最高位)、2009年キエリインターナショナルコンペティションファイナリスト、第3回ロンデックス国際コンクールセミファイナリスト。
サクソフォンを、アルノ・ボーンカンプ、ジャンドニ・ミッシャ、宗貞啓二、冨岡和男、野原武伸、宮田麻美、上田啓二各氏に師事。

即興音楽に興味を持ち、クリエイティブミュージックフェスティバル(日本)、国際即興音楽会議(スイス)、ウルス・ライムグルーバーのワークショップ(スイス)等に参加。
コンテンポラリーダンスや民俗音楽等他分野とのコラボレーションにも取り組み、それらを取り入れた自作自演のパフォーマンスも行っている。

インドネシアのガムラン音楽を演奏する傍らガムランとサクソフォンの共演に力を入れ、今までオランダ,ドイツ,インドネシア,日本等,数々のガムランコンサートに出演,好評を博している。

ヨーロッパ在住時は、オランダ映画「Silent City」(2012年秋公開)出演や、
デザイナーの新作コレクション、スキポールプラザ広告等のフォトモデルとしても活躍。

日本音楽即興学会、日本ベルギー学会会員。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
5092位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
343位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。